[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 0741大磯駅発-0857東京駅着&1923東京駅発-2050大磯駅着
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.02.06 (Mon)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1923東京駅発-2050大磯駅着

今日は帰りにスイミングスクールなんて寄ってきたので、変な時間に。
ちょっと運動不足解消の為に水泳、はじめます!
っと、力んでも仕方ないですかね^^;
元々小学校時代ずっと水泳をしていたので泳ぐのは大好きですし、
なんか、走るのってものすごく嫌いなんですよねー。
でも泳ぐのであれば、結構、いけてしまうというかなんというか。
多分わたしの前世はクジラかなにかだったのでしょう(笑)


さて、そんな中、今日も見ました西遊記。
そして、ようやく気付きました。
あれ、時代劇です(笑)
しかも完全な勧善懲悪の時代劇。
そりゃ老若男女から支持受けるはずですわ。
水戸黄門と、遠山の金さんですね。

まず、諸国を漫遊する三蔵法師一行。
漫遊じゃないや、天竺に向かってるんでしたっけか^^;
んで、とある村に通りかかる。
そこで問題発生。

なんだかんだで問題の根源が判明。
水戸黄門だと悪代官、西遊記だと妖怪ってところでしょうか。
キントウンで現場に急行する孫悟空。
でも何故か再登場は三蔵法師一行と同じ(笑)

この妖怪の前に姿を現す三蔵法師一行の登場の仕方がいいですねー。
勺杖のシャリンっって音が鳴り響く中・・・ね。
結構鳥肌が立つ瞬間です。
これ、あれです、水戸黄門の印籠です(笑)
ひかえおろぉぉぉぉっとは言いませんけれども、
ここで孫悟空の香取慎吾君の口上が入ります。
ここは遠山の金さんですね(笑)
もしくは、暴れん坊将軍の殺陣に入る前の新さんってとこかな?

でまぁ、殺陣に入る回もあれば、老子様が出てきておしまーいって回もあって、
そしてまた次の街へ・・・て、パターンが決まってます。


いや、わたしが見るはずだわ(笑)
わたしが好きな時代劇のパターンをきちんと踏襲してるんだもん。
ただ、セットがちゃちかったり^^;殺陣がイマイチだったりと問題はあるんだけれども、
取り上げているテーマが、今回は家族問題、前回は走れメロス、んで前々回は人間の欲望かな?・・・っと、
普遍的なテーマだったりするので、意外と奥が深いことを言っていたりするんですよね(笑)
それはきれいごとだったりするのですけれども、でもこんな世の中だからこそ、
きれいごとを言うドラマが意外と新鮮だったりして、面白いです。


時間があえば、みることでしょう、これからも(笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。