[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 神はサイコロを振らない~第2回~
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.26 (Thu)

神はサイコロを振らない~第2回~

神はサイコロを振らない、第2回、です。
小林聡美さんってチャーミングですね。
いまさらながらに再確認いたしました。
むか~し"やっぱり猫が好き"を見ていた頃(高校生くらいかな)も、
こういう人をチャーミングだっていうのかなぁって思っていたのですが、
今見ても、魅力度がかわっていないというか、むしろUP。
彼女の十数年間は充実した時間だったんだなーだなんて思いましたよ。
もう"やっぱり猫が好き"から16,7年くらいたってますもんね。

さて、第2回。
おかまいなしに時間は過ぎていきます。
山本太郎さんと小林聡美さんの絡みはいいですねー。
ほほえましいと申しますかなんというか。
小林聡美さんがものすごくかわいらしかった。
好きな人に老けたところを見せたくないがために、
面と向かって話ができないところとか。
そして、いよいよご対面ってところで、小林聡美さんが、
おばあさんを想像して・・・ってくだりも、ね。
そこで山本太郎さんがきちんと小林聡美さんの10年間を受け止めてあげたことも、よかった。
なんてのかな。
小林聡美さんは山本太郎さんと話しているときはなんだかんだいって、
10年前に戻った感じがでているのもいいですねー。
それが乙女心ってやつでしょうか(笑)

ただ、そんなほのぼのした雰囲気とは別に、ドラマはどんどこどんどこ進んでいくわけで、
あと9日間をどう有意義に過ごすかというところに、主軸がうつっていっていますね。
小林聡美さんは、残された時間を有意義に使って欲しいがために働くことにする。
山本太郎さんはそんな小林聡美さんのそばにいることを選ぶ。
また、他の乗客や周囲の人たちの「運命」も変わっていく。
そういう小林聡美さんを中心とした群像劇として、
ドラマが進んでいきそうで、それもまた楽しみなところです。

こうした極限の状況で人が何を感じ、どう行動するのかってところがドラマのキモだと思うので、
設定にリアリティが無い分その後の人の動きにはリアルさを求めたいところです。
ですので、小林聡美が対策室で一席ぶったあとで、
室長と課長が出て行った後に、対策室のメンバーが全員出て行ったところが、
ちょびっとリアリティが無くって、う~んって、思いましたよ。
もちっと、何かあるんじゃないのかなと(笑)

ただ、ドラマとしてはまだ始まったばっかりで、次回もなにやら問題が起きそうってことで、
乗客に残されたあと8日間、注目していきたいと思います。
いいですねー、こういうドラマ。
わたし、大好きです。
スポンサーサイト

テーマ : 神はサイコロを振らない - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  23:44  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

●そうそう

> それが乙女心ってやつでしょうか(笑)
このシーンはめちゃめちゃ共感しまくってました!
「88じゃよ」
「じゃよって何だよ」
「88じゃからの」
このやり取りがたまりませんでした。
「じゃからの」ってもう一押しするところにまさしく乙女心を感じてしまって。
リアリティといえば、今回「うーん?」だったのが、
なぜ10年のブランクがある太郎くんが、
すぐにパソコンを操作できたかってことです。
なんらためらうことなく、地図をプリントアウトしてましたよね~。
10年前と今ではかなり違うと思うんですが…。
あ、そんなところにつっこんではいけませんね。(苦笑
カタリーナ |  2006.01.27(金) 20:06 |  URL |  【コメント編集】

じゃよっとか、じゃからのって、
実際におばあさん、言いませんよね^^;
でもそこが乙女心って感じなのでしょうか(笑)

すごくいい雰囲気のドラマだからこそ、
ツッコミどころが見つかってしまうんですよねー。
もう少し細部を詰めて欲しいなぁっと想います^^;

といいつつも次回を楽しみに待っているななおでございました(笑)
ななお |  2006.01.28(土) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。