[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 飯田橋にて(1)
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.13 (Sat)

飯田橋にて(1)


新徴組屯所跡

清河八郎に率いられ浪士組として京にのぼったものの、佐幕、尊皇攘夷の方向性の違いから、京から江戸に戻った浪士組の面々は鵜殿翁を中心に新徴組となり、江戸の警護にあたりました。
幕末といえども江戸は京に比べて静かで、新徴組が目立った活躍をすることはなかったそうです。
一方京に残った人々は新選組となり・・・対照的なその後を歩むわけですが、ん~・・・残る、残らない、ちょっとした分かれ道でこうも違う人生を歩むわけですね・・・
つまりあれだ。
第15回の"行くか、残るか"ですな。
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真 - ジャンル : 写真

EDIT  |  21:17  |  日常の写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。