[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 一本の鉛筆
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.08 (Mon)

一本の鉛筆


一本の鉛筆

今日、子供が勉強をしているのを見ていた。
ふと、子供が握っている鉛筆の文字に目がいった。

"山陽町防犯対策協議会"

昨日のエントリで書いたとおり、わたしは小学1年の3学期から小学5年の2学期まで、山口県厚狭郡山陽町の埴生小学校で過ごした。
山陽町防犯対策協議会の文字。
それは、わたしが山陽町で過ごした頃の鉛筆であることの証拠だった。
子供に聞くと、夏休みに実家で過ごしていた時、わたしの母親からもらった鉛筆らしい。
かれこれ二十数年前の鉛筆。
鉛筆の頭を見てみると、噛んだ跡がある。
兄弟の中で鉛筆を噛んでいたのはわたしだけ。
つまり、この鉛筆は、当時わたしの鉛筆だったのだ。

ふっと子供を見るとかつてのわたしがそうだったように鉛筆の頭を噛んでいる。
これは叱れないな・・・嫁に叱ってもらおう・・・。
なんとなく熱いものがこみ上げてきた、今日の午後のことでした。
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真 - ジャンル : 写真

EDIT  |  00:11  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。