[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 高野連の特待生制度にまつわるゴタゴタでおもったこと
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.09 (Wed)

高野連の特待生制度にまつわるゴタゴタでおもったこと

いったい何が悪いんだかさっぱりわからないのが、高校野球の"特待生"制度にまつわるエトセトラです。
悪法も法ということで、特待生制度が、
"選手、部員であることを理由として学費、生活費その他金品を受け取ることができない"
という野球憲章に違反しているというのであれば、その都度是正しなければならなかったはずなのにそれを放置していたということは、野球憲章の解釈として、これまでは特待生はOKだったという証左にほかなりません。
通達を出していたとしても取締りが行われていなかったのであれば、その通達になんの意味があったというのでしょう。

それをいまさら、実態がわからなかったなどというのはどう考えてもおかしい。
わたしもかつて高校野球の取材をしていましたが、高野連の役員さん方はみな学校関係者なわけじゃないですか。
それで、実態を知らないはずがありません。
もし本当に知らなかったというのであれば、そいつは無能です。
違う意味で役員失格です。

確かに、馬鹿正直に野球憲章を守ってきた学校と、それを破った学校との間での不公平さはあるにはある。
が。
それを是正できるのは、ひとえに高野連の取締まりだったわけです。
それをせずに黙認し、プロ野球からの裏金疑惑をきっかけとした特待生制度狩りというのは、いかがなものなのでしょうか?
いまさら特待生は打ち切ります・・・では、浮かばれないのは生徒さんたちじゃないですか。

今回発表された一覧を見た限りでは、わたしがかつて取材した選手達の中にも特待生が若干いたようですけれども・・・選手達にとって、敵として、味方として・・・特待生か否かというのは大きな問題ではないようにおもいます。
そこにいるのは、同じプレイヤーとしての一人の人間です。
そういった野球エリートを打ち倒そうと頑張る公立高校の生徒たちの想いみたいなものもでてくるわけですよ。
結局は、一人の人間としての生き方に帰結します。


ちょっと視点を変えてみて・・・
高校野球で、選手達が金品を授受してはいけない・・・なるほどそれはわかりました。
では、大人たちはどうなのでしょうか?
朝日新聞や毎日新聞は大会を主催することで他メディアに対する露出を規制し自社に有利なルールを定め利益を生んでいるではありませんか。
高校野球がアマチュアスポーツであり、利潤を生んではいけないのであればこうした現状をも変えなければなりません。
わたしにとっては、特待生の問題よりもこうした問題の方がよっぽど大問題です。


高校野球では、中学野球をよく知るブローカーが生徒を金銭の対価を求めて選手を高校に紹介したり、また親が高校に金銭を要求したりするケースもあるといいます。
プロ野球との関係で非難されているのもそうした事例です。
しかし、そういった"典型的な悪い例"と、いわゆる特待生制度を同列に並べるのはいかがなものでしょうか?
野球という才能を開花させるために、野球留学をして努力をする。
勉学でラサールや灘高に入ることと、大差ないじゃないですか。
経済的な余裕がないためにより高度な野球を習うことができずに才能をつぶしてしまうことを考えれば、特待生としてチャレンジする機会を与えることのほうがよりよいように思います。
(わたし個人としては、地元の学校に進学して自らの力でチームを盛り上げようと頑張る選手の方が好きですけれども、ね)

結局は、人間としての生き方だと思うんです。
今回のゴタゴタ、責めるべきは高野連なのではないでしょうか?
スポンサーサイト
EDIT  |  18:06  |  思ったこと  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

あらゆるスポーツの中で、野球だけが認められないのは納得行きません。
才能を伸ばす為に必要な環境ってありますよね?
それを潰すような事を何故「高校野球」のトップがやる?

この問題、野球バカな息子を持つ親としては他人事じゃないです。
頭おっつかないウチの息子はどうしたら良いんすか?
「ボクY校行く」なんて悠長な事言ってる場合じゃないっす!
チーム内でも論争の的になってます…
ぷ~ |  2007.05.17(木) 22:19 |  URL |  【コメント編集】

たしかに、よい中学生を高校に紹介して仲介料を得たり、親が金品を要求したり・・・っていう"黒いうわさ"ってのはあるのはあります。
でもそれと特待生っていうのは別問題なわけで、野球特待生ってのを明文化してルール化し、それ以外のあからさまにアマチュア精神に違反しているって思われる事例を取り締まればいいとおもうんですよね。
アメリカでは、黒人の野球選手ってのが年々減ってきていて、その理由ってのが大学の特待生制度の不備から・・・だそうです。
経済的な理由から大学に通えない人たちが野球を選ばずに、特待生制度が充実しているバスケやアメフトに流れる傾向にあるそうです。
もし野球のレベルを維持、向上したいのであれば、きちんと特待生ってのを制度化すればいいだけの話だと思うんですよね。
今回の高野連の決定の目的がどこにあるのかってのが、ちょっと謎だったりしています。
ななお |  2007.05.19(土) 13:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

特待生制度

特待生制度特待生(とくたいせい)とは、入学試験や在学中の成績優秀者等に対して、学費の一部、もしくは全てが免除されたり、奨学金の支給などの特別な待遇を受ける学生や生徒である「特別待遇学生」「特別待遇生徒」の略語、また制度そのものを示す言葉
2007/08/10(金) 05:18:50 | さえの記録
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。