[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 0741大磯駅発-0857東京駅着&1953東京駅発-2104大磯駅着
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.25 (Mon)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1953東京駅発-2104大磯駅着

丹波哲郎さんがお亡くなりになられました。
スポーツ新聞などでは、"大霊界へ旅立つ"だなんてコピーが踊っていた通り、何故か悲壮感のあまりない大往生って印象を受けました。
肺炎、だったらしいですけど、ね。

丹波哲郎さんっていうと、どうしても、大霊界の印象が強くって(苦笑)
うちの死んだばーちゃんと、中学生の頃かなぁ・・・大霊界をビデオで見たのですが、アレを見て、自殺したらいかんなぁって思いましたよ(笑)
いやだって、自殺したら20万年以上もなんかやばそうなところに縛り付けられるらしいじゃないですか!
そんなんやですもん!!っとまぢ切れしてみたり^^;

人が死ぬってどんなことなのかなぁだなんて疑問を抱いていた時期に植えつけられたのが丹波哲郎。
ばーちゃん、どーしてくれんだ(笑)
といっても、ばーちゃんも大霊界に逝っちゃってるわけですけれどもねぃ・・・
まぁ、なんにせよ命を大切にしなければいけないって考え方は間違ってないわけでその本質を違えることなく、方法論として様々な宗教観があると思うので、丹波哲郎が入り口だったとしてもエエジャナイカと開き直るななおなのでございました。


丹波哲郎さんは大霊界できっと、楽しくやっていることでしょう(笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

●同じく…

私もすぐには「大霊界」しか思い出せませんでした。(苦笑
丹波さんが描かれた死後の世界は、実際今丹波さんが見ておられる世界と、
一致していたのかな?などと思ってみたり。
「まさに私が言ったとおりだ!」としても、それを伝えてもらえないですしねえ^^;
カタリーナ |  2006.09.28(木) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

やっぱり丹波哲郎さんっていったら大霊界ですよね^^;
きっと今頃大霊界で楽しくやっているはずですよ~。
んで、そのうちまた生まれ変わるのです。

それにしても、丹波さんの霊界話ってすんなり受け入れられるんですよね。
やっぱ新興宗教と違って"金"の匂いがあんまりしないからですかねぇ(苦笑)
ななお |  2006.09.30(土) 01:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。