[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 明日へ続く
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.20 (Sun)

明日へ続く

久々に高校野球を見ていてしびれました。
こんなに高校野球で、しびれたのはとある年の和歌山県大会、わたしが大好きだったとある田辺の商業高校(笑)の戦いっぷりを見て以来・・・じゃないでしょうか。
結果的にスコアは1-1の引き分け。
それ以上でもそれ以下でもないわけなのですけれども、斉藤、田中両投手の投げあいには素晴らしいものがありました。
精神的なものも確かにそう。
でもそれ以上に、配球術っていうか、キャッチャーのリードっていうか・・・高校野球ではあまり焦点を当てられないテクニックの面で、おぉってわたしが思う部分があったんですよね。

高校野球って、どうしても爽やかさだとか、青春だとかそういうイメージの部分に焦点があてられがちで、野球本来の面白さにはあまり注目されないのがわたしはめっちゃ残念だったりします。
もちろんプロ野球が日本の野球界の頂点ではあるものの、プロより体力が劣る高校野球だからこそ見られる投球術みたいなものが、顕著にあらわれていたりしてて。

早稲田実業の斎藤投手は、速球に目がいきがちだったりしますが、きめに行くところのスライダー、フォークが抜群だったりします。
ただ、カウントをとりに行く速球がたま~に甘く入ってきたり、延長15回、最後のバッターを三振にとったフォークも若干甘く入っていたので、駒大苫小牧としては甘い球をいかに見逃さないかってのが、明日の決勝戦のポイントかなって思っています。

逆に駒大苫小牧の田中投手は外角へのボールのコントロールが素晴らしいんですよね。
フィニッシュの外角へのストレートはなかなか打てないんじゃないのかな。
ただその外角へのストレートの布石となってくるインサイドへの球が甘く入ってきたり、逆にボールになってカウントが悪くなってくると、崩れてしまう可能性が高いです。

このへんは、きっと野球を見ている人とか、やってた人なら当然指摘する部分だと思うんですよね~。
ただ、熱闘甲子園だとか、テレビではあんまりやらない部分なわけで。
テレビでももちっとそういうところを紹介してくと、面白いんじゃないのかなーっていっつも思ってます。


んで、明日の予想ですが・・・
どちらかが大崩すると思います、あい。
細かいコントロールが効かなくなって、フォアボールで出したランナーが得点にからむでしょう。
ピッチャーを変えたことが吉と出るか凶とでるか。
投手を代える?代えない?ってのが、ポイントになるんじゃないですかね~。
んで、変えずに大量失点ってパターンがあるんじゃないのかなって、予想します。

う~ん、こんな酒に飲みながらの適当な予想が果たしてあたるのかどうか。
間違いなく外れると思いますが、どちらにせよ、決戦は月曜日。
勝つも負けるも、あと、一試合です。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。