[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- この冬イチオシの映画
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.12.13 (Tue)

この冬イチオシの映画

先日、映画紹介の番組を作ったので、
一通りこの冬の映画に目を通すことができました。
一通りってゆっても、そんな数ではないんですけどね(笑)


結果、一番、面白かったのが"あらしのよるに"です。

嵐を避けて、真っ暗闇の山小屋に逃げ込んだヤギのメイ。
そこで、同じように嵐から逃げてきた「仲間」に出会う。
仲良くなって、次の日に「あらしのよるに」を合い言葉にして
再会を約束する二匹。
次の日メイの前に現れたのは、なんとオオカミのガブだった!
しかしそのオオカミ、ガブとメイは、なぜかそのまま仲良しに。
ガブにしてみれば、メイはごちそう。 我慢したり、悩んだりしながらも二匹は会っては散歩をくりかえす。

けれどメイの家族であるヤギの種族も、ガブの家族であるオオカミの種族も、二匹が仲良く会うことを
許さない。メイとガブは、それぞれから情報を聞き出すよう言いつけられてしまう。
お互いの種族に見張られながら、会うガブとメイ。
どしゃ降りのなか、二匹はいつしかごうごうと流れる谷川へ。
もうすでに「ひみつ」ではなくなっていることをお互いが知る。
いっそこのまま飛び込んでしまえ・・・向こう岸にわたって、もし生きていたらまた会おう。
自ら谷川に飛び込む二匹。 なんとか助かった二匹は、山の向こうに、オオカミとヤギでも一緒に暮らせる
「みどりのもり」があるはずだと思い、 山越えの旅を始める。

しかし、二匹を追ってくるオオカミの種族。オオカミのリーダー・ギロは異常な執念で二匹を追いかける。もちろんガブは裏切り者として許せなかった。

二匹は山越えのときに、ひどい吹雪にあう。二匹を襲う空腹。
「あたしのこと、たべてもいいですよ」と
ガブに言うメイ。必死にがまんするガブ。
ガブはほら穴にメイを隠し、メイを守るためにオオカミの群れに立ち向かう! そこに大きな雪崩が襲いかかる!
ガブとメイは生き残れるのか?



オフィシャルサイトからの引用です。
光村図書小学4年生の国語教科書に掲載されている童話ですが、
かなりツボを抑えている児童図書なんですよねぇ。


まず何がいいって、成宮寛貴さんの"メイ"がいいんですよ。
ほんとにね、ヤギっぽいんです(笑)
ヤギっぽいってどういうことかという疑問もありますが、
でもね、これ、聞いてもらったらヤギっぽいっていう意味がわかると思います。
気弱な感じなんだけれども優しさに満ち溢れていて…って。
優しさに満ち溢れているのは"ガブ"の中村獅童さんも、オオカミなんだけれど、
優しすぎるオオカミをうまく表現できている。
目を閉じて音だけを聞いているだけでも、すごく世界に浸れます。


さらにいいのは、aikoさんの主題歌。
わたしは関西に住んでいたのでインディーズ時代から、
aikoさんを応援していて大好き!、めっちゃ大好き!!だったのですが
(ここあんま強調するとこちゃうな)
スター、すごくいいです。
ピアノの伴奏から入って、aikoさんが歌いだす。
きまぐれな・・・って。
そして、すぐにサビに入るんだけどさ。
伸びやかなaikoさんの声と、ストリングスがすごくマッチしていて、
冷えた心も暖まる感じ。
aikoさんのビブラートがわたしの心に直接染みこんできます。
和歌山に住んでいた頃、好きなFM番組によくaikoさんの曲をリクエストしたことを思い出したり(笑)
それは映画には関係ないですが^^;

途中若干中だるみがあるんだけれども、
タッチ、っとか、ナインっとか、あだち充作品で手腕をふるった、
杉井ギザブロー監督の演出、いいです。
すごく好きです。


子供向けって映画なのかもしれないけど、
これ、たぶん、大人が見るべき映画だと思います。
子供が見てもよくわからないところが多いんじゃないのかな。
それか親子連れで見に行くか、ね。
"ガブ"と"メイ"の友情の行方、しかと見届けてみてください。
アニメで子供だましだと思ってると、すごくやられます。
わたしはもうね、号泣でございました。
恥ずかしいくらいに(笑)
こういうなんてのかな、無償の友情にわたしが飢えているのかもしれませんけどね^^;
スポンサーサイト
EDIT  |  01:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。