[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 今日はオペラの取材
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.04.15 (Sat)

今日はオペラの取材

今日はオペラを2本撮ってきました。
"Cavalleria rusticana"と"pagliacci"の2本ですね。

面白かったのは面白かったのですが、
オペラってどうしてオチが淡白なんでしょうね(笑)
道中盛り上げるだけ盛り上げておいて、オチがやけに淡白という^^;
そういうもんだとわかってみてはいるのですが、
それにしても、現代人のわたしにしてみると、
やけにあっさりおわるなぁって気になってしまいます。

Cavalleria rusticanaのあらすじはこんな感じ…

恋人ローラに裏切られたトゥリッドゥはサントゥッツァと恋仲になるが、結局ローラと不倫に走る。嫉妬するサントゥッツァがローラの夫に暴露。男たちは決闘となる。

なのですが、ラストは決闘シーンも何も無く、いきなり、

トゥリッドゥが死んだ!

って一言で終わっちゃうわけです。
いやまぁ、そういうもんなんでしょうけれどもね(笑)

一方の"pagliacci"も

旅芝居の座長カニオの妻ネッダはシルヴィオと恋仲。「悲しみに涙するときでも道化を演じねばならない」と自嘲するカニオ。劇中、浮気をするネッダにカニオは逆上して妻を刺し殺す。

ってあらすじどおりで、妻とシルヴィオを刺し殺して劇が終わってしまい、
え゛~~~~!!って感じなんですね(笑)
いや、そういうストーリーだってことは重々承知していますけれども
それにしても淡白だなと^^;


でもまぁ、それはそれで面白いなと思った、今日の収録でした。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

本当に「淡白」ですね。(笑
だけどそれが気になったことってあんまりないですねー。
実際オペラを見に行くといっても、
結局は音楽とか歌を聴きに行くってことですし、
歌手に芝居云々を求めるのはちょっと酷なので(苦笑)、
そういう方向からオペラを観たことがないです。
「2人の不倫のシーン、ハラハラしたー」なんて感想は、
いまだかつて聞いたことないかも。
芝居としてみると、え゛~!な展開は、たくさんあるでしょうね。
絶対にありえない設定とかも見かけますし。
よく論争になりますけど、やっぱりオペラは音楽が先にありきなのかなあと思ったりします。
カタリーナ |  2006.04.16(日) 20:54 |  URL |  【コメント編集】

以前にオペラのちょっとしたこぼれ話みたいな番組を作っていたときに、
そういう話を聞きましたねー。
先に音楽がありきで、必ずアリアがあって、
アリアの中にも見せ場をつくってっていう、様式美みたいなものがあったとかなんだとか。
それが誰だか有名な作家さんがストーリーを持ち込んで・・・
みたいな回がありましたわ(笑)
この手のメロドラマのオペラにストーリー展開を求めるのが酷なのかもしれませんね(笑)

ワーグナーとか、プッチーニとかは面白いなーって、思いましたねー。
まぁ撮ってるのであまり集中してみてはいないのですけれども^^;
ななお |  2006.04.16(日) 21:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。