[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 2007年07月
2007年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.07.31 (Tue)

今回の選挙について一つだけ・・・

与党が大敗した今回の選挙ですが、一つだけおさえておきたいことがあります。

今回の選挙を簡単にまとめますと、年金選挙年金選挙と、社保庁による"消えた年金"が大きな問題となって与党を直撃し、その結果野党、民主党が議席を伸ばした、といえると思います。
(当然それ以外にも要因はありますけど、直接的には年金問題でしょう)

んじゃ、何故今年金が問題になったのかっというと、ものすごく簡単にいうと、年金を一元化する際にコンピューターを導入したのですが、その端末を扱う社保庁の職員が労働組合を盾にして、ありていにいうと"仕事をさぼった"ことが原因となっているわけです。
そのさぼりの現状ってのがこんな具合にかわされた覚書ってやつ。

1.端末機操作は、専門職化せず、一般職員が行う
2.端末機の運用時間は、現行の勤務時間内とする
3.窓口装置を連続操作する場合の1連続作業時間は、50分以内とし操作時間50分ごとに、15分の操作しない時間を設ける
4.窓口装置の1人1日の操作時間は、平均200分以内とし、最高300分以内とする
5.窓口装置の1人1日のキータッチは、平均5000タッチ以内とし最高10000タッチ以内とする。また、各職員及び毎日の作業量はなるべく平均化するよう努めるものとする
6.端末機の操作にあたり、ノルマを課したり、実績表を作成したりはしない
7.端末機の機種の変更、更新、その他必要な事項については、その都度、事前に協議を行う


後に操作時間は50分が45分に、1人1日の操作時間は200分から180分にとさらに時短がなされていますけれども、ま、これ以外にも様々な"協定"みたいなものがあって、年金の一元化、データ化がさっぱりすすまなかったために、今日の年金問題が起きてしまった・・・っとまぁ、そんな具合なんですね、すごくざっくりというと。

こうした覚書を社保庁管理職と結んだのが"自治労"と呼ばれる公務員が参加する労働組合なわけでございます。
つまり、今回の年金問題の元凶の一端を担っているのは"自治労"なんですね。


そんで、ここからが本題です。
今回年金問題で激しく与党を攻撃し、選挙で勝利した民主党。
その比例区でトップ当選したのは"あいはらくみこ"さん。
その彼女なのですけれども、自治労の方です。
年金問題の原因の一端を担っていた組織の人間が、年金問題で激しく与党を攻撃した野党の候補者としてトップ当選しているこの皮肉。


このことを忘れずにいておくべきだと思います。
これが今の日本の政治の現状です。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:02  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.07.30 (Mon)

帰省中

っといってももうすぐ帰るんですけどね(笑)
上の子が夏休みの前半を山梨のわたしの実家で過ごすということで、置き去りついでに帰省しております。
昨日は、妹と妹の友人とお酒を飲んで、大盛り上がり大会。
う~ん、アホ家族とはこのことですな。
酒はよいものです。

で、山梨に来たついでになんとなく武田氏の足跡めぐりなんてものをやってきました。
20070430213453.jpg風林火山館のオープンセット


20070730152123.jpg武田神社



上が、今、北杜市にある風林火山館のオープンセット。
下が、かつて躑躅ヶ崎館があった、武田神社。
同じアングルでとはいきませんでしたが、おぉぉぉぉって感じましたよ(笑)
ま、詳細はおいおいということで、これから少し休んでぼちぼち帰ります♪
EDIT  |  15:26  |  今日の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.07.26 (Thu)

実録!関東昭和軍

去年は決勝戦まで進んだわが母校ですが、ことしは早々と敗退。
何の話しかって、あー、あれです、高校野球の話です。
やっぱ、夏っていうと高校野球ですよね~。
ってことで、今日は、わたくしななお、おススメの高校野球マンガを紹介したいとおもいます。

まぁ、普段ならさわやか~な、ひたむき~なマンガを紹介するところですけれども、ここのところのわたくしめは若干生活がすさんでおります。
なので、紹介する高校野球マンガも同様な感じになりんす(苦笑)

わたしが今回紹介するのは

実録!関東昭和軍

です。
あらすじはというとこんな感じ。

時は平成。世(高校野球界)は群雄割拠。ここ武蔵国東京の関東昭和軍(関東昭和高校野球部)もその名を天下に轟かせんと、鍛錬の日々を送っている。金と名誉に飢える渡邊爪雄将軍(理事長)。渡邊将軍の顔色を窺いつつ、自らの欲のために兵士(野球部員)をしごき抜く尾宮貫一軍曹(監督)。そして尾宮軍曹の指導と徹底した戒律のもと、兵士(野球部員)たちはそれぞれの人生を切り拓くため、お互いに精一杯、しごき合い、潰し合い、出し抜き合うのであった!
http://www.e-1day.jp/morning/manga/kantou.htmlより

高校野球を裏から斜めから見るとこんな感じになるという、典型例。
理事長に、甲子園出場で1千万、優勝したら3千万とふっかけられている監督が選手たちを体罰でしごきあげ、時には脅し、ときにはなだめ・・・愛と友情とはまったく無縁にストーリーが現在も展開中。
当然、選手たちも喫煙あり、飲酒ありでいやはや・・・(苦笑)
今週号では、関東昭和高校に負けた対戦校が関東昭和の弱みをさぐってどうにか出場停止に追い込もうと画策したりと、試合以外のところでヒートアップしておりました。

で、扱われているネタってのが結構リアリティのあるお話でございまして。
それも当然、そのネタってのが実際にあった高校野球の不祥事ネタだったり、わたしも聞いたことのある裏の話だったりで、そりゃリアリティあって当たり前だ~って話ですよね(笑)
先ごろ話題になった"特待生"問題も当然網羅されておりまして、それを回避するための策とか、いろいろ描かれていました(笑)

これから本格化する高校野球シーズン。
実録!関東昭和軍を読んで、なんとなく斜めに見てみるのもよろしいのかなとおもいます^^;
EDIT  |  16:40  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.07.23 (Mon)

貧乏人の贅沢?(苦笑)

突然ですけれども"地産地消費"という言葉をご存知でしょうか?
小難しい概念はいろいろあったりするのですけれども、要するに地元食品を地元消費するっていう考え方です。
本義的には世界規模のお話で先進国が開発途上国から食物を金にものを言わせて奴隷制的に収奪することをやめませう~・・・的なお話なのですけれども。
たとえば、日本でもあったナタデココブーム。
あれによって、東南アジアの農業のバランスが崩れたって話もあるらしい。
日本でナタデココブームが終わったのに、まだナタデココ工場が作られていたりとか・・・
っとまぁ、そういう小難しいことはさておいて、とにもかくにも地元のモノを地元で消費するってのは、地元の産業振興にもつながりますし地域コミュニティの造成にも役立ちます。
大手スーパーで買うよりも、地元商店で買いましょうってとこから、ですね。


で、我が大磯町は伊藤博文はじめ、いろいろな人が別荘を作ったリゾート地だったっていういぜんに、そもそも漁師町だったわけでございまして。
なので、お魚さんがとってもおいしいのです。
ただ、かといって取れたてのお魚さんが手に入るかというと、ちょっと入りづらいのも事実。
意外と、売ってないんですよね。
んでも、最近わたしのお気に入りの干物屋さんは違います。
大磯の地の魚を干物にして、食べさせてくれるんです。
お店は土日しかやってません。
金曜日に取れたお魚を土曜日の朝から干して、日曜日には完売っていう・・・ものすごく、レアなお店なのでございます。
だいたい日曜のお昼にはほとんど売り切れちゃってるっていう・・・
しかも天気が悪いと・・・だし・・・
土曜の昼過ぎに行くのが一番いいみたいなんですけど、それでも前日の漁次第みたいなところもあって・・・
でも、ここんところわたくし、毎週のように買ってるんですよね(笑)
いかないと何があるかわからないワクワク感みたいなものもありますし。

売っている干物はというと、アジ、カマス、いわしなどから、アナゴやしこいわし、ぐじ、かつおなどなど、いろんなものが干されてます。
値段は、アジが200円くらいと、ちょっと高めなんですけど、でもそのぶんめっちゃおいしいんですよ!!
新鮮だから、簡単にあぶるだけでOK。
身がさっっとほぐれて、ホクホクだし。
塩加減も抜群だし。
みりんぼしもあって、まぁ、ほんとにおいしい!!!

だいたい土曜日に買って、日曜日から月曜日にかけて消費しつくしてしまうという・・・干物だらけの週末をここのところおくっております(苦笑)
ま、機会があったら一度お試しくださいませということで。
ものすごく、愛想のいいご夫婦が迎えてくれます。
わたしなんて、まだ2ヶ月くらいなのにすっかり常連みたいな扱いですし(笑)
そういうところも含めておススメです。
お店の名前は「岩源」さんっていいます。
場所は、国道一号線沿い、大磯駅から図書館に向けて坂を下ってきたところにあるファミマの隣ですって、わかりづらい説明だね(笑)


地産地消費、ちょっとした贅沢な生き方、かもしれませんね。
100円くらい高いものを食べるだけで、ものすごく豊かな気持ちになれるという・・・
あ、これって・・・貧乏人の贅沢・・・なのか(苦笑)
EDIT  |  12:19  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.07.19 (Thu)

一人カラオケ

J-CASTニュースにこのような記事がありまして。
http://www.j-cast.com/2007/07/16009358.html
ま、簡単に言うと一人カラオケが隠れたブームになっているっていうニュースです。
で、どこでそんなブームがあんねん!っとおもいつつもあえてだまされて、昨日、代休をとったのでとりあえず皆さんの迷惑にならないよう、昼間に、一人カラオケ、やってきました。
(ただあんた歌いたかっただけやろって話は無しの方向で^^;)
結論から言いますと・・・意外と楽しい(笑)
どんな曲を入れてもOKなわけですよ。
何がいいってそれがいい(笑)
たとえば小沢健二さんの"天使たちのシーン"
これ、17分以上もある超大作ですけど、こんなもん普通はどう考えても歌えません。
んが、一人カラオケなら全然OKです!!
ってか、むしろこの曲は一人カラオケ用の曲であるとすら断言できます。
うちの近くのカラオケやさんだと、昼間は1時間10円でワンドリンク方式なので、昨日は500玉一枚で4時間ほど粘れました。
漫画喫茶行くよりも安いっす。
このお値段で、このパフォーマンス・・・う~ん、新たな世界が開けましたね、わたし。
ただ、いかんせん、一人なので、お手洗いとかぁ・・・ドリンクの注文とか・・・たまに訪れる静寂が微妙に寂しくなってしまいます。
とにかく隙ができないように、歌を歌い続けることが、楽しむ秘訣なのではないのでしょうか。
我に返ってはいけません。
気持ちは独り舞台で、皆さんも是非、一人カラオケをご堪能ください。



昨日は自分の音楽の歴史をたどるような流れで歌いきりました。
以下、セットリスト(笑)

1曲目:Hello~いとこの来る日曜日~
2曲目:Exotic Lollipop[and other red roses] ~奇妙なロリポップ~
3曲目:HAPPY LIKE A HONEYBEE
4曲目:GOODBYE,OUR PASTELS BADGES
5曲目:Coffee-milk Crazy
6曲目:FRIENDS AGAIN

まずはやっぱり初期のフリッパーズギターから。
全部英語の歌詞ですけれども、まだ歌詞を覚えていて空で歌えたことがすごいっす、わたし(笑)
そしてさらにフリッパーズギターシリーズは続きます。

7曲目:バスルームで髪を切る100の方法[haircut 100]
8曲目:カメラ! カメラ! カメラ!〈guitar pop version〉
9曲目:午前3時のオプ[3a.m.op]
10曲目:ラテンでレッツ・ラブ または 1990サマー・ビューティー計画[summer beauty 1990]
11曲目:ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー[wild wild summer]
12曲目:恋とマシンガン [Young,Alive,in Love]
13曲目:ビッグ・バッド・ビンゴ[big bad bingo]

このへんは、2枚目のアルバムですね~。
やっぱ、歌詞をきちんと覚えてました、わたし。
むかしっからよく歌っていたってのもあって、声がぴったりフィット、すごく歌いやすいっす。
あんま高い声出さなくてもすみますしね、小山田さんだと。
こんだけ歌ってもまだ1時間もたってませんでした(笑)

14曲目:WINNIE-THE-POOH MUGCUP COLLECTION
15曲目:GOING ZERO
16曲目:LOVE TRAIN
17曲目:BLUE SHININ' QUICK STAR

フリッパーズギター最後のアルバムからは4曲。
ミドルテンポでノリノリのわたくしめ。
たって歌ってましたが、外からみたら奇異な人だったでしょう(笑)

18曲目:LOVE TRAIN
19曲目:CLOUDY[IS MY SUNNY MOOD]
20曲目:全ての言葉はさよなら[camera full of kisses]

ってことで、フリッパーズギターはこのへんでオシマイ。
最後は、さよなら~する~・・・さよなら~する~♪っと綺麗に(笑)〆ましたとさ。

フリッパーズギターが終わったら、そりゃ、コーネリアスか小沢健二さんか・・・コーネリアスは、1枚目のアルバムしか基本歌える曲が無いので、まずはコーネリアスからせめてみました。

21曲目:パーフェクト・レインボウ [PERFECT RAINBOW]
22曲目:太陽は僕の敵
23曲目:ラヴ・パレード[THE LOVE PARADE]

ん~、さわやかっ!
今聞いてもものすごくクールでかっこいいっす。
やっぱ、わたしが好きな音楽の原点はこのへんにありそうです。
さぁ、続いては小沢健二さんの出番です。
あ、出番はわたしか(笑)

24曲目:ローラースケート・パーク
25曲目:天気読み
26曲目:カウボーイ疾走
27曲目:天使たちのシーン

きましたきました天使たちのシーン!
小沢健二さんの曲は一番売れてた時期は高い声出さなきゃいけないので、わたしにはちょっとつらいのですけど、この頃、ソロデビューした頃の曲は、すごく落ち着いたトーンで歌いやすく、感情をこめやすいのです。
天使たちのシーン・・・歌いながら感涙です、自分自身に(キモッ)

28曲目:愛し愛されて生きるのさ
29曲目:強い気持ち・強い愛
30曲目:ぼくらが旅に出る理由

高い声がでないといいつつ、強い気持ち・強い愛とか・・・(笑)
かなり後半きつかったですが、がんばりました、わたし。
でもまぁ、一人カラオケなので、別にさぼってもいいんです。
だから、非常に楽でした(笑)

31曲目:流れ星ビバップ
32曲目:大人になれば
33曲目:さよならなんて云えないよ
34曲目:ある光

これで小沢健二さんパートはおしまいです。
34曲目のある光、も、8分くらいある曲で、途中にせりふとかあって、非常にみんなカラオケには不向きで、わたしも初めて歌いました。
ん~、小沢健二さんの歌は、歌詞とメロディがマッチしていてよいっすね。
改めて心に染み渡りました。


ここでちょっと休憩が入りまして・・・(苦笑)
微妙に眠たくなってきたんですよね^^;
酸欠になっていたのかもしれません。
お手洗いにいって、微妙に我を取り戻し、さらに一人カラオケは続きます。


35曲目:ラ・ブーム ~だってMY BOOM IS ME~

ここからはやっぱいわゆる渋谷系ったら、カジヒデキさんしかないっしょ。
ちょっとハイトーンで歌いづらいところもありますが、かまわず歌い続けます。

36曲目:MUSCAT〔マスカット〕
37曲目:夏物語
38曲目:君のハートのナチュラル[SIESTA]
39曲目:Queen sound babbles again [クイーン・サウンド・バブルス・アゲイン]

カジヒデキさんの曲は、やっぱりベースラインに特徴がありますね~。
っといっても、カラオケなんであれなんですけど。
原曲を頭の中で鳴らしながらの、一人カラオケでございました。

そして、記念すべき40曲目がこちらっ!

40曲目:ニュータウン

キリンジのニュータウン。
わたしがガツンっと殴られた曲です。
爽やかな曲調に、叙情的な歌詞。
歌詞には意味がないといっていましたが、きっとそれは照れ隠しなはず。
ここからはひたすらキリンジが続きます。

41曲目:汗染みは淡いブルース
42曲目:雨を見くびるな
43曲目:雨は毛布のように
44曲目:グッデイ・グッバイ
45曲目:君の胸に抱かれたい
46曲目:スウィートソウル
47曲目:双子座グラフィティ
48曲目:Drifter

キリンジの歌もかなり高い音があるのですが、そのへんは適当な裏声でOK。
だって、一人カラオケですもの・・・自分がきもちよければいいのです。
たぶんいけてたはずだ(笑)
ここからは、GOING UNDER GROUNDを投入。
つか、GOING UNDER GROUNDの曲、結構入ってるんですね。
ちょっとびっくりデス。

49曲目:STAND BY ME
50曲目:センチメント・エキスプレス
51曲目:ハートビート
52曲目:ハミングライフ
53曲目:VISTA
54曲目:きらり

たぶん、初めてカラオケでGOING UNDER GROUND歌いました。
意外と歌えました・・・自分の中で(笑)
あー、練習にもいいっすね、一人カラオケ。
ってか、普通は練習なのかな?
GOING UNDER GROUNDときたら、次はくるりしかないっすよね~。

55曲目:ワンダーフォーゲル
56曲目:ワールズエンド・スーパーノヴァ
57曲目:ロックンロール
58曲目:ばらの花

くるりの歌は、くるりっぽく歌ってみました。
ちょっとぶっきらぼうな感じで(笑)
はっきりいって、似てません。

で・・・このへん、さすがに疲れてました・・・orz
このあと、スネオヘアーとかスガシカオとかいろいろ何曲か歌い・・・初一人カラオケを終えたのでございました。
イチイチ、歌った曲をメモしていたのが後々すごく情けなかったです・・・(苦笑)
ただ、これでもまだ歌えてない曲があるので、近々、第二弾、あるはずです!!
乞うご期待、自分(笑)
EDIT  |  15:52  |  今日の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.07.17 (Tue)

思いついたことをいくつか

ここのところとにもかくにも忙しくすごしているわけでございまして・・・
ただ、ようやくひと段落ともいえなくもなく、ちょびっとのんびりしたりする隙もできております。
なので思いついたことを何点か。

さて、数日ほど前のことですけれども・・・大学時代かなり親しくしていた後輩(わたしより二つ下の代のバスケ部)が結婚いたしまして、その披露パーティーなるものに出席してまいりました。
かなり親しく・・・どれくらい親しくかというと、わたしが大学5年生だった頃は下手したら週に二度三度と飲みに行き、一足遅れたわたしの卒業式の日も飲みに行き・・・その後もなにかと飲みに行き・・・なんなら旅行に行って飲んだりと・・・まぁ、とにもかくにも飲んでたんですよね、ずっと(笑)
その後わたしが和歌山に就職したことや彼も就職して忙しくしていたことからここ数年は疎遠になってたま~に飲みに行ったりメールのやり取りをしたりするくらいのお付き合いしかなかったのですが、それでもわたしにとっては大事な後輩、っというか友人の一人でございました。
その彼から、結婚すると話があったのが、去年のこと。
そいや付き合っている人がいるというのは聞いていたのですが、飲みにいった席で、今度相手方のご両親の家にいかなければならないという話を聞いて、あー、結婚するんだぁって、驚いたって次第。
その彼から"結婚"だなんて二文字が聞けるだなんて思いもしなかったし、イメージができなかったんですけど・・・わたしと一緒でわりと世の中を斜めに冷めてみていたあの彼がねぇ・・・っと(笑)
わりとクールな感じの彼が、関西人気質の彼女とうまくいっているという話がなかなか面白く、結婚ってのも自然な流れだったのかもしれません。

で、さて、披露パーティーです。
披露パーティーといっても、結婚式自体は親族、関係者のみで、事前に済ませていたこともあって、会場は基本的には友人や仕事関係の人ばかり、しかも代官山のこ洒落たアジアンレストランでってこともあって、開始前から和やかな雰囲気。
とはいえ、彼も彼女の出版業界の人でしたので、会場にはそれとおぼしき"業界人"の方が結構いらっしゃいまして、わたしにとっては完全アウェイの雰囲気。
めっちゃいたたまれね~~~~っておもってましたよ。
まぁ、そんな中、わたしの周囲には徐々に某大学バスケ部の人々が集まりだして、ものすごく落ち着きました、人見知りするわたしとしては^^;
わたしが4年生だった時の二つ下の代の子たちと、その一つしたの子たち、さらのその下の子たちも呼ばれていたのかな?(わたしは直接はしらないけど)まぁ、なんにせよバスケ部って感じでした。
そんな中、部内恋愛をはぐくんで?結婚した、3つ下の代の夫婦は2人の子連れでございまして。
・・・しかも当時はわたしに敬語なんかまったく使わなかったのに・・・
・・・運動部連盟の新入生歓迎コンパ(上下関係がめっちゃ厳しい!!)で酔っ払って主将だったわたしの名前を大声で呼び捨てにして(以下自主規制)ってしまったという"伝説"を持つ旦那のほうが・・・

「今はお仕事なにをされているんですか?」

だなんて敬語を使う世の中になったもので・・・妙に隔世の感がございました(笑)
でもゆってもさー、たった数年生まれの違いなので、もう30超えたら関係ないっすよね~。
自分自身は大学のひとつ上の先輩には未だに敬語だったりしますけど、バスケ部の仲の良かった後輩たちに普通にため口きかれる分にはまったく違和感がなかったりします。
かと思えば、大学時代からまったく変わらない子たちもいて、なんだか不思議なもんですよね、年月って。
それにしても何がよかったって、今の話ができるのがいいっすね。
あの時あーだったっていう、思い出話じゃなくって、今はどうなの?っていう。
関係が思い出の中にあるのではなく、今現在も続いているっていうのが実感できてそれがとってもうれしかったです。

過ぎた年月といえば、その新郎の彼もほんとに大人になっていて、きちんと礼をゆったり各テーブルをまわったりと、大学時代からものすごく成長している様子。
お仕事のエピソードとかも聞いて、なんてのかなぁ、あー、まぁ、そりゃ成長するよね~って当たり前のことも感じましたよ。
みんななんだかんだいって成長してるんだなぁ、うんうんっと、お兄さんはものすごくうれしくおもいましたとさ。

で、最後の、彼の挨拶・・・奇しくもわたし自身の披露宴の挨拶と同じことを言っていたのが印象的でした。
今日みんなが集まってきてくれたことがうれしいって、さ。
そういう共通点を見出して、うんうんやはり未だに友人だなと、さわやかな(笑)感動を残しつつ宴を去ったのでございました。
ま、近々飲みに行く予定にしているのですけど(笑)



で、話はまったくかわりまして・・・新潟県中越沖地震なんですけど。
相変わらずのマスゴミ報道にほとほとあきれ果ててしまいます。
以下、雑言失礼・・・

おめーら、邪魔、ほんっとに邪魔!!
被災地にヘリコプターを飛ばすな!!!
救助を待っている人の助けを求める声が聞こえねーだろ!!!!
現場からの生中継は作業の邪魔だからヤメレ!VTRで十分だろうが!
おめーらスタッフの食料は現地調達してねーよな?被災者の方々の分が優先に決まってるだろ!

まだまだ言いたいことは盛りだくさんなのですが、ほんっとにね、進歩がないというかなんというか。
何もこれまでの経験が生かされてないわけですよ。
もちっとやり方あるんとちゃうんとおもったしだいです。

HI3A0007.jpg

最後に・・・
こないだ食べた某天麩羅やさんのかき揚げ丼。
上に乗っているのは、いわゆるひとつの、まつたけ・・・でございます。
ご主人がサービスでのっけてくれたのですけれども・・・
これだけの大盛り、そして分厚いかき揚げ・・・さらにまつたけ・・・
これで、800円です・・・お店の名前は秘密です・・・いつもありがとうございます。
EDIT  |  16:42  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.07.11 (Wed)

読みたいものだが・・・

芝居にコンプレックスを持っていた時期があり、3年前にNHK大河ドラマ「新選組!」で主演した際も公園に逃げ込み、そこに居合わせた若者や母親たちとの会話で救われスタジオに行くことができたというエピソードや、映画「西遊記」での“なまか(=仲間の意)”の話など興味深い内容がギッシリだ。
以上サンスポより引用



う~ん記事、読みたいのだが、香取さんの"肉体美"がメインっぽいし。
完全にそっち系と、疑われますよね(苦笑)
まぁ、でもやっぱ興味あるのでよんでみませう。


コンプレックスねぇ・・・あれはやっかいなものでございます。
EDIT  |  15:49  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

夏越しの大祓い

けふは泊り込みで仕事でございました。
明け方には終ったので、その足で夏越しの大祓いへ。
っといっても、茅の輪をくぐってきただけなんですけれども、ここ2,3年のわたしの定番行事です。
今年は、築地の神社にいたしました。
ってのもその後、精進落としってわけじゃないですけど、築地場外でお寿司とビールで一杯♪だなんて目論見があったわけで(笑)


しかしあれっすね。
茅の輪をくぐるだけなのですが、なんかほんとにすっって身体が軽くなるんです。
左足から八の字を描くように3回、茅の輪をくぐるったのですけれども、終って神社に参拝したら、すぅぅぅって身体が軽くなりました。
気のせいだとは思うものの、まぁ、そう思っていれば幸せですし(笑)

その後早朝の築地で外国人に囲まれながらお寿司を食べて、精進落としの穢れ初めをしたってわけです。
しかしカウンター10席のお店で6人外国人って、どういうことよ(笑)
築地・・・恐るべしです・・・
EDIT  |  01:09  |  今日の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。