[PR] 倉庫 東海道線通勤日誌-season2- 2006年01月
2006年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.31 (Tue)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1913東京駅発-2023大磯駅着

とりあえずメモメモ
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.30 (Mon)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1503東京駅発-1613大磯駅着


なんだかたるかったので今日は早退。
夕日が綺麗でした。
いいねぇ、夕日ってやつは。
心に染み入る感じがいたしますわよ。
EDIT  |  22:54  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.29 (Sun)

「17歳の私」バトン

ぷ~さんちからまわってきたバトン。
今回は、「17歳の私」バトンだそうです(笑)
いろいろなバトンがありますねぃ^^;

さて、ちょっと考えてみたいと思います。

【Q1】17歳の時、何をしていた?
17歳の時はというと、某鹿児島県は大隈半島の進学校で高校生をしていました。
ちょうど高校2年生の後半から高校3年生の後半っていう多感な時期ですね。
ついでに言えば、バスケ部のキャプテンなんかしていました。
いやー、青春、ですなぁ。
あとはお勉強かな?
娯楽が無い田舎街だったのでやることっていったら、
部活か勉強か、っていう学校で遊ぶことぐらいでしたもん。
あとゲーセンくらいですか。
ほんと、だから東京に出てきて、世界のあまりのまぶしさにびっくりしましたわ^^;
あと、深夜ラジオをよく聞いていたのもこの時期、ですね。
葉書職人なんてしてました。
福岡のラジオ局KBCの番組によく送ってました、あい。


【Q2】17歳の時、何を考えてた?
17歳の時・・・バスケのことと、あとは将来のこと、かな?
最初は船乗りになりたかったのですが、
山下友美先生の漫画触れて、何故か放送業界へと足を踏み入れることに。
世の中面白いものですねー。
他人の善意なんてものを信じていたのもこの頃でした。
それは今でもあんまり変わらないですけれども、
ま、今は世の中には悪意ってのもあるって知った分、大人になったのでしょうか(笑)

【Q3】17歳のイベントといえば?
バスケの大会ですねー。
自称大隈半島NO.1のセンターでしたから(笑)
誰もそう呼んでくれませんし、そんな称号すらありませんでしたし(笑)
先輩の代の最後の大会で、先輩に、お前がいてくれたから今まで勝てたって言われたことと、
あと、自分達の代の最後の大会で初戦、2回戦と勝ち抜いて宿泊になった夜、
ビールを飲みながらいろんなことを話したことを覚えています。
後輩が寝言で、りんごー、って、叫んだことなんてこともいい思い出です。
ほんと、思い出すのはバスケのことばかり、です。
色恋沙汰とかなかったのかしらん^^;

【Q4】17歳でやり残したことは?
う~ん・・・特に無いなぁ・・・
そもそも後悔ってものをしない性格だし・・・
しいてあげれば好きな子に告白ですかねぇ。
当時遠距離でつきあってた子はいたのですが、
でも、本当に好きな子は別にいたりして・・・
まぁ、淡い思い出でございますな。
でも、正直特に無いです。
あのシュートが入ってればよかったなぁってことくらいかな?
あー、やっぱバスケがらみだ(笑)

【Q5】17歳に戻れたら何をする?
バイト(笑)
なんせ金がない高校生活だったので、やっぱバイトですね(笑)
ほんと、バスケしかしてなかったですもん。
一年365日のうち、休みが3日くらいですか。
だから362日はバスケでした。
で、あとはキャプテンとしてきちんとチームをまとめる。
放任主義のわたしですが、子供を持った今、しつけの大切さを知りました。
ですので、もう、びっしびしいきますわよー。
・・・まぁ・・・性格上無理ですね(笑)
戻ったところで同じことの繰り返しのような気がいたします^^;


さて、いつものとおり、バトンはわたしのところでストップでございます。
もっていきたい方は、びっしびしいっちゃってくださいませー(笑)
EDIT  |  23:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.27 (Fri)

0726大磯駅発-0843東京駅着&2153東京駅発-2304大磯駅着

今日は泊まりで仕事の予定が、
さくさくっと終わったので、帰ってこられました。
久々の連休でございます。

週末、ボケボケすごして頭をリフレッシュいたしますかね^^
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.26 (Thu)

神はサイコロを振らない~第2回~

神はサイコロを振らない、第2回、です。
小林聡美さんってチャーミングですね。
いまさらながらに再確認いたしました。
むか~し"やっぱり猫が好き"を見ていた頃(高校生くらいかな)も、
こういう人をチャーミングだっていうのかなぁって思っていたのですが、
今見ても、魅力度がかわっていないというか、むしろUP。
彼女の十数年間は充実した時間だったんだなーだなんて思いましたよ。
もう"やっぱり猫が好き"から16,7年くらいたってますもんね。

さて、第2回。
おかまいなしに時間は過ぎていきます。
山本太郎さんと小林聡美さんの絡みはいいですねー。
ほほえましいと申しますかなんというか。
小林聡美さんがものすごくかわいらしかった。
好きな人に老けたところを見せたくないがために、
面と向かって話ができないところとか。
そして、いよいよご対面ってところで、小林聡美さんが、
おばあさんを想像して・・・ってくだりも、ね。
そこで山本太郎さんがきちんと小林聡美さんの10年間を受け止めてあげたことも、よかった。
なんてのかな。
小林聡美さんは山本太郎さんと話しているときはなんだかんだいって、
10年前に戻った感じがでているのもいいですねー。
それが乙女心ってやつでしょうか(笑)

ただ、そんなほのぼのした雰囲気とは別に、ドラマはどんどこどんどこ進んでいくわけで、
あと9日間をどう有意義に過ごすかというところに、主軸がうつっていっていますね。
小林聡美さんは、残された時間を有意義に使って欲しいがために働くことにする。
山本太郎さんはそんな小林聡美さんのそばにいることを選ぶ。
また、他の乗客や周囲の人たちの「運命」も変わっていく。
そういう小林聡美さんを中心とした群像劇として、
ドラマが進んでいきそうで、それもまた楽しみなところです。

こうした極限の状況で人が何を感じ、どう行動するのかってところがドラマのキモだと思うので、
設定にリアリティが無い分その後の人の動きにはリアルさを求めたいところです。
ですので、小林聡美が対策室で一席ぶったあとで、
室長と課長が出て行った後に、対策室のメンバーが全員出て行ったところが、
ちょびっとリアリティが無くって、う~んって、思いましたよ。
もちっと、何かあるんじゃないのかなと(笑)

ただ、ドラマとしてはまだ始まったばっかりで、次回もなにやら問題が起きそうってことで、
乗客に残されたあと8日間、注目していきたいと思います。
いいですねー、こういうドラマ。
わたし、大好きです。

テーマ : 神はサイコロを振らない - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  23:44  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.01.26 (Thu)

0741大磯駅発-0900東京駅着&1933東京駅発-2043大磯駅着

今日は取材でブラウニーとチョコレートムースをつくりました。
お菓子作りは大変ですねぇ。
わたしは口だけ番長ですから(笑)出演者の人と先生に、
ああしてこうしてというだけだったんですけれども、
いや、あれは肉体労働でございます。
混ぜる、ひたすら混ぜる・・・って感じで(笑)

できあがりは、たいへんおいしゅうございました。
もうすぐバレンタインな日でございますねー。
ま、わたしには関係ありませんが^^;
EDIT  |  23:28  |  往復  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.01.25 (Wed)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1923東京駅発-2033大磯駅着

お疲れ様でした
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.25 (Wed)

神はサイコロを振らない~第1回~

ようやく撮っておいたDVDを見ることができました。
わたくしの郷里の先輩、大石英司さん原作のドラマです。
大石英司さんていうと、田中康夫批判のほうでもおなじみですけど^^;

のっけからタイムスリップネタ(笑)
しかも、その映像表現がコテコテな感じで、結構高感度UPです。
小林聡美さんの主演するドラマは、どのドラマもわりと、
まったりとした空気が流れることが多いのですが、
この作品も同様、淡々と、文字通り淡い色使いですすんでいきます。
今回は第一回ということで、顔見世興行って感じですかね。
登場人物が出てきて、これからおきそうなドラマの伏線が張られていました。

わたしの10年前っていうと、ちょうど就職活動1年目の頃ですか。
いや、就職活動1年目が失敗に終わり就職留年をした頃、ですね。
あの頃のわたしが現在にタイムスリップしてきたら、
まぁ、使い物にならないでしょうねぇ^^;
憔悴しきっていましたから(笑)
逆に今のわたしが10年前にタイムスリップしたら、
もう、バリバリやっちゃいますよー、結構いけてるはずです。
10年ってのはそれくらいの年月なんですよね、うん。

どうやら9日後にまた10年後に戻るという設定で、
その1日1日が描かれていく雰囲気ですので、
ちょっと楽しみに見続けていたいと想います。
今期、イチオシのドラマでございます。

SFファンとしては、タイムスリップしてまた過去に戻ることによる整合性を、
どうつじつまあわせするのかってところに注目したいですね。
タイムスリップドラマの名作、R.A.ハインラインの"夏への扉"では、
冷凍睡眠とタイムマシンを使うことで、過去起きたことが未来に影響を与え、
しかも未来が破綻しないよう、細心の注意を持って描かれていました。
今回のドラマでは、また10年前に戻りそうな感じで、
10年前に戻ったってことは、10年前の小林聡美さんの前に、
タイムスリップした後の山本太郎さんが現れなければならず、
ただ現時点ではそうした形跡がないため、その辺のつじつまをどうあわせるのかなぁ・・・
ってところが、ドラマのオチとして、面白いところになりそうで、
そこに注目したいと想います。

ただ、やはりドラマ、ですから登場人物の心の機微も感じたいところ。
こうした極限の状況における人間の行動が、
ある意味人間らしさを浮き立たせるってことになるわけで、
そのへんの心の動きにどれだけリアルさがみられるかどうかが、
面白さのキモになっていくでしょうねー。


ただ、一つツッコミをいれさせていただければ・・・
だっちゅうのは、1998年の流行語大賞なんですよね(笑)
1995~6年の流行語というと、
DAYONE!っとかチョベリバ!みたいな・・・
ゆうてて恥ずかしい限りですが^^;そんな言葉でしたよん。
若干時間がずれてるのが惜しいところです。
もう少しその辺の時代考証をしっかりして欲しいです、あい。
まぁ・・・そんなしょうもないところ突っ込む人はいないでしょうけどね^^;


ってことで、今後もちょっとチェックしていきたいなーっと想ったドラマでした。
EDIT  |  00:40  |  未分類  |  TB(1)  |  CM(5)  |  Top↑

2006.01.24 (Tue)

0824大磯駅発-0934東京駅着&1905東京駅発-2015大磯駅着

今日は精神科医に面談。
社員全員が受けるという話なんだけれども、
何故かわたしは最後の方に。
どうやら緊急性のある悩みを抱えているとは、
考えられていない模様。
まぁ、確かに無いんだけどさ(笑)

精神科医の方と雑談をして帰ってきましたとさ。

あまりにもあっさり終わりそうだったので、
いったいこの僕の何がわかるというのだろー?(byブルーハーツ"青空")
って感じで聞いてみたところ、
挙動不審かどうかを見るため、だそうです(笑)
んで、その挙動不審な行動を隠さないってことが、
精神的に破綻する寸前だとかどうだとか。
ちょっと面白かったです、その話。


わたしは・・・どうだったんでしょうねぇ。
まぁ、気にしてもしょうがないので、ぼちぼちといきます(笑)
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.23 (Mon)

1119大磯駅発-1226東京駅着&1933東京駅発-2040大磯駅着

けふはのんびり出勤にて御座候。
雪が降った後が凍っていて、ついついそこに自転車で特攻するわたし。
もちろんスリップ。
それがやけに楽しくて、家までの帰り道、
すべりまくっておりましたとさ。


・・・子供かよ・・・
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.22 (Sun)

ここは何処の地方よ(笑)


ここはどこの地方でしょうか(笑)
太平洋側とは思えないこの様子。
巨大雪だるまも作成できました。
EDIT  |  23:59  |  今日の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.21 (Sat)

0741大磯駅発-0857東京駅着&翌1826東京駅発-1934大磯駅着


しかし首都圏は素晴らしい雪っぷりでした。
会社に泊って仕事をして、朝起きて外に出たら、そとは真っ白。
ここはどこの地方かと思いました(笑)

しかし、ほんと疲れました。
眠くて眠くてたまりませんわ^^;
ってことでおやすみなさいませ(笑)
EDIT  |  22:49  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.19 (Thu)

0820大磯発-0958東京着&経堂-小田急江ノ島線-藤沢-1850大磯着

昨日は朝から、横須賀線がストップ。
そしてわたしの東海道線も巻き添えくらってかなりの遅れ。
おかげさまで遅刻してしまいました。
まぁ・・・仕方がないといえば仕方がないんですけどね^^;

夕方から、ミュージカル女優さんっていってもいいのかなぁ。
新妻さんって方の取材。
なんだか結構なファンの方々がいらっしゃるんですよね。
確かにオーラが出てました(笑)
相手さんの写真撮影の合間の身近い取材でしたけれども、
わたしはいい気分転換になりましたよ。
たまには外に出るのもいいもんだ。

帰りは小田急経由で。
そんで駅からは久々に徒歩。
これもまた気分転換によかった。

まったりした日常が続く中でも、
ちょっとしたことで気分転換ができるわたくし。
う~ん、われながらいい性格でございますな。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.01.18 (Wed)

0741大磯駅-0900東京駅着&2050東京駅発&2200大磯駅着

ようやく本調子に近づいてまいりました。

しかしブドアが強制捜査受けただけで株価が下がりまくる市場ってのもすごい話ですよね。
あまり健全といえないような気が致します。

また、最近では"個人投資家"がもてはやされていて、
株をしないと損みたいな風潮になっていますが、
結構それはそれでいいと思う反面、
かつて、アメリカが大恐慌時代を迎える直前、
同じような感じになっていたそうですので、
(さすがに産まれてないので本で読んだ知識です^^;)
本業をしっかりしないまま、
虚業に力を入れると大変なことになるってのは、
歴史が証明していると思います。

そういうわたしも会社の上司と、
何の株がいいっすかねーだなんて話はするんですけどね(笑)
ま、趣味です、趣味、話のネタですから^^;

日本の株価は今まで低すぎたと思います。
ですのでこれからも上昇傾向にあるんでしょうけれども、
あんまりバカ騒ぎにはならないほうがいいように思いますよー。


ただ、本音を言わせていただければ、わたしはバブル未経験者なので・・・
一度は体験してみたいです、バブル経済を(笑)
ああいうのも無駄じゃないんですよね、きっと。
何事も経験です。
バブル経済、カムバック、でございます。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.17 (Tue)

0741大磯駅発&0900東京駅着&1910東京駅発-2010大磯駅着

未だ完治せず、です。
薬が効いてもうふらふらでございます。


今日は阪神淡路大震災から11年のその日、でした。
ただ朝からビッグニュースが続出。
昨夜堀江社長のライブドアにガサが入ったと思えば、
今朝まで寝ずの家宅捜索。
さらにはマンション偽装問題で小嶋社長が証人喚問によばれ、宮崎勤は死刑判決。
もう、何がなんだか・・・って感じ。
夕方のニュースをチェックするのに一苦労でした。


個人的には宮崎勤の判決に注目していました。
死刑には変わりないんだろうけれども、ね。
ここのところ続出している幼児殺傷事件のさきがけともなった事件。
正直、彼の心の中身とかって興味ない。
結果として彼が殺めたことには代わりがないんだから。
ただそれによって受ける罰というものをはっきりして欲しかった。
死刑なんだけれどもね。
罪の抑止という意味で言えば当然の判決なんだろうけれど、
命の値段がデフレしている今じゃ、
ただの死刑じゃ抑止効果がないように思います。
江戸時代のように、さらし首にするくらいじゃないと。
市中引き回しとかさ。

こんなことを言うと人権擁護論者からは非難されるかもしれないけれど、
ってかまぁ、されるんだろうけれども、
犯罪者の人権を守ることによって犯罪が抑止されたことってあるのかしらん。
確かに、窃盗などの軽微な犯罪ならまだ更正の余地があるとおもう。

ただ、殺人、強姦とかいった取り返しのつかない犯罪の場合、
人を殺しました、反省しました、だから何?って気がいたします。
人を殺したら自分も死ぬってくらいの覚悟が無いと、ね。
今だと一人殺したら普通の人、初犯で検察の求刑がだいたい15年くらいかな。
判決ではそのままになることもあるし、
情状酌量の余地ありってことでさらに引かれることもある。
わたしが取材した案件では、
おしかけて居座っていた男が、居候先の娘を日々レイプしていて、
それに耐え切れなくなった父親が殺したって事件があって、
その場合は情状酌量の余地ありって感じで判決は懲役12年でした。

ただね、もうさ、人を殺したら求刑は死刑にしたほうがいいんじゃないのかなって思うんです。
事情は様々あるでしょうから、それは情状酌量で少し減らしてって感じで。
今紹介したような事件では情状を酌んであげればいいともうし。

今度陪審員制度が始まりますけど、わたしがもし殺人犯の裁判の陪審員になったら、
死刑を主張します。
明確に犯人だと認められる場合は、ね。
冤罪のリスクはあるかもしれませんが、それは捜査機関がしっかりすればいいこと。

ちょっと今のままでは、罰則が犯罪の抑止にならないんじゃないのかなーって、思いましたよ。
EDIT  |  23:12  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.16 (Mon)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1905東京駅発-2016大磯駅着

風邪はしんどいっす。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.15 (Sun)

「愛しき友」バトンです~

カタリーナさんのところから回ってきた、
「愛しき友」バトン、ようやく熱がひいてPCに向かえる体調になったので、
エントリしてみたいとおもいます。
もう一昨年放送になるNHK大河ドラマ、新選組!関連のバトンですねー。

Q1.組!俳優さんでは誰が好き?
っていわれるとちょっと困っちゃいますね。
元々特定の俳優さんの好き嫌いってのがあんまりないので。
しいてあげれば菅野美穂さんが好きってくらいですかから。
でもやっぱり前編を通して注目していたのは、
近藤勇役の香取慎吾さんですかねー。
わたしはほとんど新選組関連の著作物に触れたことがなかった分、
素直に大河ドラマを見られた一人なので、
香取慎吾さんが扮する近藤勇が、
時には喜び、時には仲間を斬らなくてはならず悩みっていう、
第1話から最終話まで人間らしい成長を遂げている姿が、
ものすごく面白かったです。
こないだ第1話と最終話を見比べたけれど、
別人みたいでしたもんね。
新選組日誌とかを読んでみると、
どうも近藤勇ってB型人間っぽいんですよね(笑)
そこがなんだか親近感感じるってのもありますし。
ってことで、香取慎吾さんに決定。

Q2.第何回がお気に入り?
お気に入りですか・・・
真面目に答えれば"最終話"愛しき友よ"です。
近藤勇の切腹っていう時間の流れと、
それぞれの隊士の時間の流れがまったく別になっていて・・・
でも、心は一つ、みたいな、ね。
あと、最後の「カーテンコール」(笑)
あそこだけ繰り返しみています。
ジョン=健=ヌッツォのテーマを聞くだけで、
パブロフの犬状態で涙を流すわたくしがいます。
第48話の"流山"→最終話"愛しき友よ"の2話は、
それまでそれぞれの隊士にスポットライトがあたっていた新選組!で、
特に近藤勇にスポットライトがあたった回で、
それが斬首のシーンだってのもちょっと皮肉ですが、
その分、近藤勇にのめりこむことができたのも事実です。
あと、お気に入りという意味で言えば、
第34話"寺田屋大騒動"も大好きな回です(笑)
あれだけ悲劇的な話のあとにこれですからね。
話の流れがきっちりと変わって、すごくよかった。
第33話"友の死"と第38話"ある隊士の切腹"は、
辛すぎてお気に入りとはいえないっす。

Q3.隊士になるなら何の役職?
十番隊あたりで原田左之助の伍長あたりがちょうどいいっす。
勘定方はきつそうだし、監察は向いてない。
誰かの補佐をするのがわたしには向いてるので、
伍長、絶対伍長です(笑)

Q4.朝起きたら局長に!まず、何をする?
まずは深雪太夫を呼んで・・・ってダメ局長だなぁ(笑)
でもまぁ、京都の芸者遊びってのは体験してみたいですね。

Q5.今一番行きたい新選組関連の史跡は?
今、一番行きたいというと・・・やっぱり板橋の刑場でしょうか。
近藤勇最後の場所、行って感じてみたいです。
今じゃまったく昔と違うでしょうけど、ね。
あとは東京の隠れた新選組史跡めぐって、まったりしたいです。
あ、でもあれだ、やっぱ京都も、ですね(笑)

Q6.幕末にタイムスリップ!どうする?
わたしは鹿児島出身なので、薩摩藩の重臣として、
どうにか江戸を落とした時点で戊辰戦争を終わらせられるようにしたいなー。
もしくは、坂本竜馬暗殺を事前に坂本竜馬に知らせて防いだりとか。
あとは江戸っ子になって、その日暮らしを体験してみたい(笑)

Q7.歴史を一つ変えられるとしたら?
うーん・・・これは難しい。
近藤や土方ら、新選組の隊士たちが
榎本武揚のように明治政府に重用され、
明治維新後の日本作りに邁進する姿ってのも興味ありますね。
容保公だって、東照宮の宮司となって明治の世を生き抜いたわけですから。
土方が、日清日露戦争で活躍するってのも、アリじゃないですか(笑)

Q8.「新選組!!!」の脚本を書くことに!主役は誰にする?
わたしがですかぁ。
新選組!!!ってことは函館のあと、ですよね。
市村鉄之助を主人公にして、函館から多摩までの道のりをたどりつつ、
新選組縁の人々に会いながら物語が展開して・・・って感じかな。
函館から多摩までの3ヶ月の間で新選組の足跡に市村鉄之助が触れることで、
その素晴らしさを浮き上がらせる構成に。
史実とのつじつまあわせがめんどくさそうですが、
市村鉄之助が函館から脱出して多摩へ向かう途中、船で江戸に向かう予定が、何故か大坂へ・・・
ってかんじなら、なんとかなるでしょう(笑)

Q9.貴方の好きな組!俳優さんに一言。
皆さんに。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
これ以上何を言えと^^;

Q10.次の隊士5人へ!いざ!
まぁ・・・わたしの知り合いなんていませんので・・・
あいかわらず、わたしのところでストーップ!ってことで^^;

テーマ : 新選組!&新選組!! - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  23:59  |  思ったこと  |  TB(2)  |  CM(5)  |  Top↑

2006.01.13 (Fri)

0741大磯駅発-0859東京駅着&1831東京駅発-1940大磯駅着

わたし以外の家族がインフルエンザで討ち死にしそうです(笑)
わたしも明日明後日くらい危ないかなぁ。
今日は早めに帰っての看病でした。


夜王を何故か見てしまいました(笑)
あれは微妙だなぁ^^;
でもなんかつい見ちゃう魅力があるんですよねー。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.12 (Thu)

0741大磯駅発-0857東京駅着&2150東京駅発-2302大磯駅着

フラダンスしてきました。


っつか、家でも会社でも忙しすぎです(笑)
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.11 (Wed)

0741大磯駅発-0857東京駅着&1905東京駅発-2017大磯駅着

とりあえず電車だけでも・・・
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.10 (Tue)

0927大磯駅発-1034東京駅着&1856東京駅発-2010大磯駅着

ちょっと遅めの出勤で定時あがり。
ま、休日出勤してたわけですからそれもOKってことで。
妙に眠たい今日この頃。
一足早く、春眠なんとやらを体感しております。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.09 (Mon)

1423大磯駅発-1527東京駅着&2150東京駅発-2307大磯駅着

お昼過ぎから出勤。
成人式の午後は晴れ着姿の女性だらけでございました。
ん、なかなか皆さん、かわいいでございますね。
晴れ着姿はいいもんだなーっと思いましたよ。


しかし、夕方からのロケは疲れまする・・・
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.01.08 (Sun)

再検査

先日行った健康診断の結果が出ました。
結果・・・再検査だそうです。
どうやら、尿に血が混じっているとのこと。
確か前の職場の時にも、それで再検査になって、
そのままほっておいたら翌年の健康診断ではA判定(つまり問題なし)になってたんだよね。
こう見えて少々身体が弱いわたしは、
疲れがたまるとすぐ尿に血が混じるようです。
医者じゃないので原因はよくわからないんですけれども。


今年は1年、かなり忙しくて精神的にも肉体的にも
ちょっと疲れていたところでの12月の健康診断ですから。
たぶん、ちょっと休めば大丈夫だと、思わないでもないんです。
でも、30を超えまして、あまり無理がきかなくなっているのも事実。
少し前までは酒豪の名を欲しいままにしていたものの、
このお正月は、少し重たいお酒を飲むと頭が痛くなるので、
ちびちびと飲むていたらくっぷり。
われながら情け無い限りかなと。
でも、なんてのかなー。
そういうところで身体が危険信号を出してるんじゃないのかなって、
思わないでもないんです。
身体、疲れてるから呑むなよと。
そんなこんなで、酒量がかなり減ってるんですよねー。
あー、弱気だなぁ。
っつか、なんかおっさんくさいし、ゆうとることが(笑)


ただ。
わたしのものすごく大切なお友達が、
腎不全で、わたしより2つも若いのに人工透析をしなくちゃいけなくなりそうで、
辛そうな言葉を聴いていると、
自分の身体、大切にしなきゃって思うんですよね。
仕事も、夢もあきらめて、ひたすら闘病するって。
確かにすぐ死ぬとかいう話じゃなくて、
そういう身体でも頑張っている人たちはたくさんいるってのはわかっていても、
わたしが簡単に言葉をかけられるはずもなくって。
健康な人が何をゆっても、ね。
できることは、バカ話の相手をして少し気をまぎらわすだけくらい。
その友達の病気が発覚してから、わたしのお酒の量が少しずつ減っていきました。
わたしを知っている人は、あれで減ってるの!?って言うと思いますが^^;

なんか、今はそんな気持ちなんですよね。
身体大事にしなくっちゃなーって。
このブログをご覧の極僅かな皆さんも、
お身体大事にしてくださいね。
身体壊しちゃったら、大切な夢も何もかも、なくしかねませんから。
わたしも今回は、再検査、行こうかなって思ってます。



あ、でも、酒呑みはやめられませんので、
新年会、ぱーっといきましょー(笑)
って・・・どっちやねん^^;
EDIT  |  02:04  |  思ったこと  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.07 (Sat)

0738大磯駅発-0854東京駅着&翌1253東京駅発-1405大磯駅着

泊まり明けはしんどいっす。
新年早々これじゃ、先が思いやられます(笑)
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.05 (Thu)

0738大磯駅発-0853東京駅着&2100東京駅発-2217大磯駅着

とりあえず、電車の時間だけでもメモメモ。
年末年始進行でちょいと忙し過ぎです。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.04 (Wed)

0738大磯駅発-0854東京駅着&1813東京駅発-1923大磯駅着

昨日泣きすぎたせいか、朝、目を腫らせての出社でした。
結構電車も混んでいて、もう少しゆったりと出勤したかったなー。
今年一年も頑張らなくっちゃです。
EDIT  |  23:59  |  往復  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.04 (Wed)

新選組!!土方歳三最後の一日

本質を考えるということはものすごく大事なことだっていつも考えています。
この本質は何?本来の姿は?根本的な要素は?
そこから発展して、何故わたしはこうするのか。
何故食べるのか、何故働いているのか・・・そしてわたしは何故生きているのか。
わたしは時折、考えることがあります。


死に場所を探していた土方。
蝦夷に新しい国をつくるという理想が失敗に終わろうとしていた榎本。
ドラマの前半は悲嘆に暮れているトーンで進んでいきます。
今回の"新選組!! 土方歳三 最期の一日"では、
榎本武揚と土方歳三が議論の中から、
何故今自分達は函館にいるのか・・・そこに気付くことで
"あきらめない"という新しい生き筋を見つけ、ドラマが展開していきました。

生きるためにできるだけのことをする。
自分達の理想を実現させる。
では、そのためには何をしたらいいのか。
土方と榎本、そして大鳥が心を通じ合わせたのも、
その本質をお互いに共有し理解しあった故でした。

後半、彼らの表情が一転して生き生きとしてきたのは、
あきらめず自分達の理想を実現するという、
彼らが今生きている本質を悟ったからのこと。


でもそれでも死んじゃうときはあっけないものなんだよね。
生きようと希望に燃えた土方が一本松で敵の銃弾に倒れたのも、
ドラマの中の出来事とはいえ、ものすごい皮肉だなって思った。
ただそれを単なる無常観で終わらせることなく、
土方が死んだ後も"あきらめず"その後の人生を、
正々堂々と全うすることを選んだ人たちを描くことで、
清々しい印象を受けてドラマを終えることができました。



しかし、やっぱり出てくる人たち、皆さん魅力的ですね(笑)
市村鉄之助役の池松壮亮さん。
少々ラストシーンの女走りが気になりましたが^^;
何故か妙に気になるキャラクターでした。

榎本武揚役の片岡愛之助さん。
下谷御徒町出身っていうまさに江戸っ子風情溢れる口調で、
榎本武揚さんを好演してらっしゃいました。
かっこよかったっす(笑)

大鳥圭介役の吹越満さんは、若干やりすぎの感もありましたけれど(笑)
彼らしい演技で、よかったです。
プライドと嫉妬心溢れる、身近な感じでした、うん。

相馬主計の小橋賢児さんも生き生きとしてよかったなぁ。

大河の頃から出ていた人たちはもうね、感情移入しまくりんぐです。
尾関の旗揚げに心が踊り、島田と同様、わたしも土方さんについていきたかった。
つか、永井様、いいとこもっていきすぎです。


回想シーンもできるだけ抑えられていて、
だからこそ、斎藤さんが近藤さんの亡骸とおぼしきものを背負って、
きちんと会津に埋葬したエピソードで、心にぐっとくるものがあったんですよね。


武士道とはいかに死ぬかということはよくいわれるけれど、
それは結局いかに生きるかということで・・・
大河の新選組!も山南さんに託された尾形さんが原田さんに対して生きろと叫び、
今回も新選組の隊士たちに生き延びることを願うシーンがたくさん出てきていました。

生きることをあきらめない、そしていかに生きるかっていう、
制作者サイドのメッセージがはっきりしていたぶん、
わたしたち視聴者にも直接それが伝わってきた、いいドラマでした。


もちろん、突っ込みどころはたくさんあります。
敵本陣を目の前にして引き返す土方さんとかね。
あそこで突入し、敵の大将を挙げていればまだ勝つチャンスはあったかもしれない。
でも、そういうことは本当に瑣末なことで、
わたしは、ドラマとしてものすごく楽しめた1時間半でした。
結局、1時間半ほとんど、涙がかれることがなかったということで(笑)

かつて死んでいった隊士の名が、土方さんの口から出る度に涙。
最後のメインテーマに涙。
かっちゃん・・・とし・・・台詞とともに浮かび上がってくる近藤さんの顔に涙。
三谷さんからのプレゼント、しかと受け取りました(笑)


もうこれで新選組!のドラマは終わりだと思うのですが、
わたしたち受け手の中で、それぞれに何かが育っていくんだろうなと思いました。
あきらめないこと、忘れないようにしたいな。
EDIT  |  00:07  |  思ったこと  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.03 (Tue)

箱根駅伝見物


今日は朝から箱根駅伝見物。
小田原-平塚間の第7区、かの伊藤博文公の旧邸の面影を色濃く残す、
大磯プリンスホテル別館滄浪閣前にて、
上の子とともに疾走する選手達に声援を送りました。
っといっても大学名を連呼するだけだったんですけどね(笑)

隣には何故かストップウォッチを持つご老人。
先頭の選手からの時間を正確にわたしに教えてくれました。
ここでの時間が大勢に影響を与えるものではないとは思うのですが、
そうやって、箱根駅伝を楽しもうという姿勢がかなりGOOD(笑)
毎年そうやっているのでしょう。

選手達はわずか十数分かけて、トップから最後尾まで駆け抜けていきましたが、
その一人一人の走りが意外と面白く。
なんと申しますか、テレビで見るのもいいけど、やっぱり生よねと、
妙に通ぶるわたくしめがおりましたとさ。
EDIT  |  20:39  |  今日の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.03 (Tue)

似非紅白評論家斯く語る

さて、似非紅白評論家ななおが語る、去年の紅白歌合戦評でございます。

紅白視聴率盛り返す 第2部で42・9%

 昨年大みそかの第56回紅白歌合戦(NHK総合テレビ)の平均視聴率は関東地区で第1部が35・4%、第2部が42・9%で、いずれも前年より上昇したことが2日、調査会社ビデオリサーチの集計で分かった。
 長期低落傾向の紅白の視聴率が1、2部とも前年を上回ったのは1998年以来7年ぶり。一連の不祥事を受けた改革路線を示すため、視聴者から聴きたい曲を募集、民放で人気の司会者みのもんたさんを起用したことなどが功を奏したようだ。
 関東地区では午後7時20分からの第1部が前年比4・6ポイントアップし、同9時半からの第2部も過去最低だった前回より3・6ポイント増えた。それでも第1部は過去4番目の低さで、第2部はワースト2。関西地区も第1部32・0%(前年比3・5ポイント増)、第2部39・4%(同0・8ポイント増)だった。


ってことで今回の紅白の視聴率は昨年に比べて若干UP。
NHKの制作の方々もほっと胸を撫で下ろされていることと思います。
今回の視聴率UPの理由はというと、
とりあえずはSMAPが2曲を、
それぞれ第2部の最初と最後に歌ったってことではないでしょうか。

第2部の幕開けでスキウタ1位ということで"世界に一つだけの花"を。
わたしはこの歌が今年のトリになると予想していたのですが、
おお外れでしたね(笑)
SMAPまではあてたのですけれども^^;
そして、トリで新曲の"Triangle"。
老若男女幅広い人気を持っているSMAPを、
第2部の最初と最後に持ってきたことが、
まずは視聴率が上がった理由の一つだと思われます。


また、今年は紅白歌手の非対称が目立ちました。
紅白歌手の非対称とは、演歌歌手vs演歌歌手といった対決ではなく、
森進一の"おふくろさん"vsAIの"Story"という、
従来ではあまり見られなかった対決のことです。

今回は、
鈴木亜美vs北山たけし
水森かおりvs w-inds.
ゴスペラーズvs長山洋子
森山直太朗vs 藤あや子
美川憲一vs倉木麻衣
前川清vs島谷ひとみ
平原綾香vs鳥羽一郎&山川豊
香西かおりvsスキマスイッチ
浜崎あゆみvs氷川きよし
小林幸子vsT.M.Revolution
ポルノグラフィティvs石川さゆり
森進一vsAI
DREAMS COME TRUEvs五木ひろし
中島美嘉vs北島三郎
天童よしみvsSMAP
の、15組が非対称の対決になりました。
<わたしが勝手に演歌歌手or notと認定しているため
 正確な数字ではありませんのであしからず(笑)>

この非対称ってのはチャンネルを変える上でなかなか厄介で、
スキマスイッチみたいねんけど、でも香西かおりみ見なあかんよなぁ・・・
っとなってしまうわけですね(笑)
わたしは似非紅白評論家ですから、全部見ますけれども
普通の一般家庭ではなかなかそうはいかないもの。
家族で紅白を見ている人たちにとっては、
なかなかチャンネルを変えづらい番組構成で、
このあたり、NHK視聴率を稼ぎに来てるなぁと、
NHKの気迫を感じました。
またそれが、視聴率のUPにもつながっていると思われます。


あと、みのものたさんの司会。
倖田來未さんがレコード大賞を受賞したことを、
何度もNHKに嫌がらせをするように連呼していましたが、
ああいうアドリブはいいですね。
視聴者が必要な情報を提供するのが番組作りの基本だと、
わたしは教わりました。
NHKですからスポンサーはわたしたち視聴者です。
ですので、そこはOKなんじゃないのかなと思います。


っと、今回の紅白について視聴率UPの観点から見てみたのですが、
続いては、これはいただけねーよなってのもあったので若干触れておきます。

その1:曲紹介にゲストは要らない。
曲を紹介するのにイチイチゲストは呼ばなくてもよいでしょう。
番組のテンポが乱れ、チグハグさを感じました。
息があっていればいいのでしょうが、
いかんせん、ゲストと司会者の打ち合わせが不十分だったのでは?
曲を紹介するところはさくさくっと紹介する。
ミニコーナーで盛り上げるところは盛り上げる。
メリハリが必要なのではないでしょうか。

その2:なんせ長い
正直、長いです(笑)
さすがに7時20分から見るのはかなり辛いものがあります。
9時からの2時間半ちょいでいいんじゃないのかと思いました。

その3:演出が寒い
一番寒かったのは、わたしが大好きなスキマスイッチ。
全力ってTシャツを着ていた少年が踊っていました。
あれはないでしょ(笑)



まぁ、言いたいことはいろいろあるのですけれども、
今回はかなり気合が入ってたなと、わたしは感じました。
そこで、今回の紅白、ここが面白かったってところを書き出します。


その1:布施明"少年よ"
仮面ライダー響鬼のテーマソングで、細川茂樹がでてきました。
子供達も大喜びです(笑)

その2:松浦亜弥& DEF.DIVA モーニング娘。"気がつけば好きすぎて♪盛り上がって♪LOVEマシーン!"
まぁ、モロモロあるとは思うのですが、モーニング娘。のオリジナルなメンバーの方々が、
LOVEマシーン!を歌ったのは、往年の(笑)ファンとしては楽しめました。
矢口が出ていることにいろいろ思う人もいるんでしょうけど、ね。
でも、普通のファンにはそういうことは関係なく、
あぁ懐かしいねぃと、懐メロを聞いている感覚になるでしょうし。
消費される音楽ってのは、早いもので、LOVEマシーン!ですら、
懐メロになるんだなぁと。
消費されない音楽の素晴らしさを逆に、感じることができました。
ただ、かわいそうなのは、今のモーニング娘。のメンバーですね。

その3:氣志團"One Night Carnival"
曲はさておき、演出勝ちでしょう。
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
     (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
      `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
        !       '、:::::::::::::::::::i
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ                         
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                     ``"      \>
こういう曙(マケボノ)が出てきたりとかね(笑)
かつてコント55号は裏番組をぶっとばせ!なる番組で、
NHKの大河ドラマをぶっとばそうとし、
そして紅白を倒そうとしたようですが、
今や紅白が裏番組の格闘技を意識するようになったんですね。
笑いながら若干寂しくなったのも事実です。
ただ、NHKがこういう演出を許したというのは、
評価されるのではないでしょうか。
氣志團ちゃんのヅラねたは相変わらずでしたけれども(笑)

その4:スキマスイッチ"全力少年"
単純に歌がよかった。
まぁ、わたしが好きだっていうだけですけれども(笑)
演出は寒かったにしても、歌はものすごくよかったです。
ああいう大舞台でも伸びやかに楽しそうに歌うのが、
彼らの魅力の一つだと思います。
だからわたしは好きなんですよねー。

その5:WaT"僕のキモチ"
マイクが倒れても歌い続けたウェンツ(笑)
ウェンツは伊達にお笑いを目指していません。
オープニングなどでも、
司会者の後ろで見切れているウェンツは、
他の歌手の方々の2倍以上のリアクションで、
さすがだなと、わたしをうならせました(笑)
そんなウェンツなWaTですけれども、歌、下手でした。
けれども、マイクが倒れて、ちゃんと歌が聞こえなくなった・・・
つまり口パクじゃなかったってことが、証明されて、
妙に安心したわたしがいます(笑)
BOAあたりは、ちょっとあやしかったですしね^^;

その6:グループ魂"君にジュースを買ってあげる"
寒かったです(笑)
でもまぁ・・・NHKですからね^^;
琴欧州にブルガリア言わせたことが、よかったかなと(笑)
曲はねぇ・・・紅白でまさか聞くとは思いませんでした^^;

その7:石川さゆり"天城越え"
石川さゆりさんの表情に鬼気迫るものがあってよかったです。

その8:Def Tech"My Way"
曲もよかったですけれども、映像が素晴らしかった。
スーパーハイビジョンを使った演出だそうですが、
曲の広がりとステージの広がりがリンクしていて、
とても見ごたえがありました。


さてまぁ、なんだかんだゆっても年末といえば格闘技ではなく・・・
みんなで楽しめる紅白、ですよねー(笑)
今年は裏番組の格闘技が若干低調だったおかげで、
紅白の視聴率があがったような気もするのですけれども、
若干、間違った方向にいっているような気もいたしますが(笑)
NHKさんの視聴率にかける思いも伝わったような気がいたしました。
似非紅白評論家として、今年も注目していたいと思います。

以上、ななおでした。


追伸
山本耕二さんの司会、贔屓目に見てもなかなかだったのではないでしょうか。
名前を間違えたのは愛嬌ってことで(笑)
昔、加山雄三が少年隊の仮面舞踏会を、仮面ライダー!っと、紹介した時くらい、
若干ひやひやいたしました(笑)

紅白終了後、深夜にNHKで放送していたさだまさしさんの紅白反省番組。
セイヤングを思い出すようなまったりムードで葉書を紹介していて、
妙に懐かしく、ついつい夜更かしをしてしまいました(笑)
さだまさしさんのトーク、いいよなぁ。

テーマ : 紅白歌合戦 - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  00:35  |  思ったこと  |  TB(2)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.01.02 (Mon)

新年すっかり明けました(笑)

新年明けましておめでとうございます。
年末年始とネットも携帯も使わない生活をしておりました。
っといっても秘境にこもっていたわけでもなんでもなく、
実家に帰っていただけなんですけどね(笑)

ネットにつないだのは大晦日に前のエントリを書いたときだけ。
携帯はとりあえず会社からの緊急の連絡があったらまずいので、
ONにしてはいましたが、特にいじることもなく。
そうそう、テレビも電波が悪いので衛星放送のみってことで、
テレビのお仕事しているのにほとんど見なかった。
紅白評論家として紅白をお酒をのみのみ見たくらい、ですか。

ほとんど本を読んだり、温泉に入ったりして過ごして、ね。
普段遊べないぶん子供達とおおはしゃぎ。
妹弟もいたので、お酒を飲みながら話をして。
確かにそれでも生きてはいけるし、とても楽しかった。

んー・・・でも、少々物足りないのも事実で、
それがネット依存症といわれる所以なのかもしれませんが、
こうしてPCに向かってパタパタ打つという作業が、
案外生活に彩を添えていたんだなーだなんて、再確認いたしました。
PCに触れていないところでいろいろと刺激を受けた上で、
仕事だったり、日記を書いてみたり、掲示板に投稿したりっていう
PCを使って何かをするっていうオプションがある。
わたしの趣味、娯楽の一つがここにあります。
仕事でも今はほとんどPC上で原稿を書いて映像の編集をしてって、
切り離せないものになっています。

そんなあれこれはさておき、今年が始まりました。
今年は平成18年、西暦2006年、皇紀2666年、イスラム暦1426年でございます。
いろんな暦があって世界中にたくさんの人々がいて、
幸せだったり不幸せだったりお腹いっぱいだったり腹ペコだったり、
お金持ってたり、貧乏だったり、まぁ、いろいろとあると思いますが、
わたしはわたしなりの幸せ道を追求してまいりたいと思います。
自分自身が気持ちよく・・・できるだけ迷惑をかけず、
まずは自分自身の周囲から少しずつ楽しくなるような"わたし"になれたらいいなと。
それが世界中に広がればそれなりによい世界になるんじゃないのかなー・・・だなんて、
新年の目標を立てました。
そのためのツールとしてネットだったり、わたしが今しているテレビのお仕事もあるんでしょう。
そして、それがわたしの定めだと勝手に決めて、頑張っていこうと思います(笑)

そんなわたしの今年のおみくじは小吉。
じみ~にがんばれってことなのでしょう(笑)


今年も皆様、よろしくおねがいいたします。
EDIT  |  23:09  |  思ったこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。